社会運動

ベトナム移民労働者、食犬で論争

投稿日:2015年12月19日 更新日:




 

台湾政治大学News Lab

2日午後、100人以上の市民が黄色リボンと子犬を抱えながらベトナム駐台湾事務所に集まり、ベトナム移民労働者の猫、犬の殺害に対し抗議しました。

動物保護団体 徐姐
「彼らは犬を見つけは捕まえ、道端で死んだ犬でさえも食べるんです。」

活動発起人 汪育疆
「壁の上で日を浴びていた多くの猫が姿を消し、食べられています。」

動物保護団体はベトナム労働者が犬猫の殺害を禁じた法律に違反していると批判しています。警察に更なる捜査を呼びかけ、ベトナム側には再教育の責任を訴えました。

活動発起人 汪育疆
「処罰すべき者は処罰し、送還すべき者は送還すべきです。」

台湾猫犬人協会理事長 黃泰山
「ベトナム側が移民を制約する事を願っています。」

ベトナムの犬食文化について、台湾動物社会研究会執行長 朱增宏
「台湾に来て他に食べる肉が無いわけではありませんし、犬の肉を食べないからといって死ぬわけでもありません。なので、これは改める事ができます」

実際はベトナムの全地域で犬食文化があるわけではありません。

ベトナム語講師 陳凰鳳
「ある一部の地域の人々にこの様な習慣があるだけで、全ての人が食べるわけではありません」

移民労働者の犬食に対して多くの人が野蛮であると非難しており、法律、道徳上でも受け入れられていません。しかし、我々は文化の違いに対して本当に尊重と寛容があるでしょうか。

台湾国際労工協会総幹事 吳靜如
「受け入れられるのがベトナム文化で、受け入れられないものはベトナム文化ではないのでしょうか」「猫や犬の肉を食べる事に対して、一種の『当たり前』があるようです。議論の余地すらないこの雰囲気は危険であり、社会の発展に対して良くありません。」

移民の犬食に対する論争は止みませんが、報道の中では彼ら自身の声が欠けているようです。台湾国際労工協会総幹事の吳靜如さんは移民の声は社会から同等に重視されていないと語ります。

「どの様な政策においても彼らの意見を誰も知る事はありません。なぜなら、あなた達は労働者としてここに来ているだけで、仕事をしていればよいと考えられているからです。」

この様な論争の中、もしも双方が依然として理解不足のまま、動物保護団体と移民の間で衝突が起きれば、問題は山済みになるだけでしょう。

 

2015年12月19日 台北【記者:洪婉恬、吳宗懋、廖芸嫻】

(Taiwan Gendai 經政大新聞媒體實驗室授權翻譯)




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-社会運動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − twelve =

関連記事

台北で毎年恒例のゲイパレード『性別と年齢を超えて』

 第13回台湾ゲイパレードが10月31日凱道で行われました。今回のテーマは「愛は性別と年齢を問わない」で各年齢7万人余りの参加者が同性愛の為に街頭で声を上げました。 国籍や年齢を越えて、パレード参加者 …

投票年齢引き下げを訴え 全国青少年投票の日

台湾政治大学News Lab 第二回全国青年投票の日が19日午後から正式に始まり、西門町や南陽街に多くの若者が集まりデモを行いました。 沿道には擬似投票所が設置され、18歳以上で未だ選挙権が認められて …

シンガポールで中台首脳会談 台北では抗議運動

中台首脳会談がシンガポールで行われるのに合わせて台北では抗議デモが行われました。台湾と中国の首脳が顔をあわせるのは1949年以来初めてで、歴史的な出来事です。 馬英九政権への不満 台湾総統の馬英九は四 …

立法院前でLGBT婚姻同権を求める集会

11月28日、多くのLGBT団体が立法院に集まり集会を行いました。彼らが求めている事それは民放の改正です。現行の婚姻規定を「男女」から「双方」に法改正する事でどの様な人でも結婚が出来るようになります。 …

この歌なくして台湾政治は語れない:この島の夜明け

島嶼天光(この島の夜明け)というこの曲は今の台湾を語る上で非常に重要なものとなっています。 元々は2014年のひまわり学生運動から生まれた歌なのですが、今もなお様々な場面で歌われています。歌詞は台湾へ …