政治 社会運動

投票年齢引き下げを訴え 全国青少年投票の日

投稿日:2015年12月26日 更新日:




台湾政治大学News Lab

第二回全国青年投票の日が19日午後から正式に始まり、西門町や南陽街に多くの若者が集まりデモを行いました。

沿道には擬似投票所が設置され、18歳以上で未だ選挙権が認められていない若者も選挙のプロセスを体験できるようになっています。

海山高校学生 李坤融さん
「私達はもう18歳なので、この社会の為に声を上げ、貢献する力があります。この一票を投じるだけの能力もあるのです。」

大直高校公民教師 黃益中さん
「私は公民の教師です。教育の目的は学生に考える能力を教える事です。公民の教育を既に全て受けた思考能力のある学生は全員投票する資格があると私は考えています。」

現在のところ社会の大多数が投票年齢の引き下げに賛成ですが、この為だけに憲法改正をする必要はないと考える人もいます。今年5月に提出された修正案ですが、ハードルの高さから可決される事はありませんでした。

国会議員候補者 呂欣潔さん
「これは憲法改正が必要となるので、一般の改正法案よりも比較的困難です。非常に多くの議論に加えて憲法改正後に国民投票も必要となります。台湾の国民投票はハードルが非常に高いので、とても難しいですね」

大多数の国では投票開始年齢が18歳や16歳で、台湾は現在のところ世界で唯一投票開始年齢が20歳の民主国となっています。

オーストラリア人のGraeme Readさん
「台湾では18歳になれば他の社会的責任があります。例えば18歳からの兵役は社会に出る事でもあります。社会人として投票ができるという権利と責任は同時に与えられるべきです。」

この議題に積極的に取り組む公民団体もあり、これからも継続して憲法改正、若者の政治参加を推し進め、政府が次世代の声に耳を傾けられるようにと取り組んでいます。

2015年12月26日 台北【記者:康育豪、沈佩蓉、張尹瑄 】(Taiwan Gendai 經政大新聞媒體實驗室授權翻譯




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治, 社会運動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − twelve =

関連記事

「日本の神社の再建は原住民への侮辱だ」国民党 蔡正元の発言が物議

横浜市の神職、佐藤健一さんが台湾に再建した神社を巡って言い争いが起こっています。事の発端は国民党の政治家、蔡正元氏が今年1月29日にフェイスブックに投稿した内容でした。 侮辱原住民的民進黨 民進黨政府 …

「華独」「台独」違いは何?

台湾のメタルバンド、CHTHONICのフレディ・リム (林昶佐 Freddy Lim)が立法委員(国会議員)として当選し、先週初の議会答弁に臨みました。 テーマはチャイニーズタイペイ「中華台北」という …

台北で毎年恒例のゲイパレード『性別と年齢を超えて』

 第13回台湾ゲイパレードが10月31日凱道で行われました。今回のテーマは「愛は性別と年齢を問わない」で各年齢7万人余りの参加者が同性愛の為に街頭で声を上げました。 国籍や年齢を越えて、パレード参加者 …

【中華民国万歳】は形だけ?国民党のダブルスタンダード

今日はまた中国国民党がディスられているというニュースです。 事の発端は中国で10月18日に開幕した 第19回共産党大会   台湾に向けてミサイルを大量に向けているそんな中国共産党に中国国民党 …

台湾版「幸福の科学」!? 宗教指導者【妙禪】ってなにもの?

皆さんは宗教がお好きですか? 台湾って意外に信仰深い人が多いんですよ。その土地に根ざした宗教団体も結構あります。今日は最近、大きなニュースになってる台湾の新興宗教団体「佛教如來宗」をご紹介したいと思い …