政治

中国と台湾を天秤にかけた選挙CM 台湾団結連盟

投稿日:2016年1月30日 更新日:




中国と台湾が天秤にかけられる選挙CM

かなりのインパクトがあり、今の独立派の世界観がアニメーションでうまく表現されています。

台湾独立派の少数政党である台湾団結連盟(台聯)は反中国という事でも知られる政党です。

李登輝元総統の応援も虚しく、今回の選挙で完全に議席を失い窮地に追いやられています。

今回、台湾団結連盟が3議席を全て失ったのと同時に若者による台湾独立派少数政党の時代力量が5議席を獲得しました。

台湾団結連盟は時代力量に比べれば高齢の政党であるため、今回の議席の変化は台湾独立派少数政党の世代交代と考える事もできます。

出處:台灣團結聯盟
https://www.facebook.com/huangkuenhui/videos/979275735471351/




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =

関連記事

蔡英文総統就任式、中国共産党系団体も参戦

2016年5月20日、遂に新しい総統に就任した蔡英文。中華民国第14代総統、そして女性初の総統という事もあって盛り上がりまくっています。そういう事で朝からしっかり起きて総統の就任式に行って来ました。 …

【中華民国万歳】は形だけ?国民党のダブルスタンダード

今日はまた中国国民党がディスられているというニュースです。 事の発端は中国で10月18日に開幕した 第19回共産党大会   台湾に向けてミサイルを大量に向けているそんな中国共産党に中国国民党 …

中国の国家転覆罪で台湾人が初の実刑判決

今日は中国で逮捕された台湾の活動家 李明哲 リー・ミンジャ についてお伝えします。 ここ数ヶ月、台湾のメディアでずっと取り上げられてるニュースですね。 まず、今回の事件を簡単にまとめたいと思います。台 …

台湾の第二公用語が英語に? 脱中国化が加速か

今日は 台湾の第二公用語が英語になるんじゃないか っていうニュースについてお話しします。 最近、国会の答弁で民進党の議員が提案したのが英語をオフィシャルな言語の1つにして国の競争力を高めようというもの …

「台湾はポピュリズム民主だ」中国共産党に入党する台湾学生が話題に

ここ数日、台湾出身の学生が中国共産党に入党申請をしたというニュースが話題になっています。 注目を集めたのは現在、北京大学博士課程に在学する 「王裕慶」 この人、めちゃくちゃ変わった人で中国共産党万歳! …