政治

ケニア事件で法務部長の『死んじゃいました』発言が物議

投稿日:2016年4月16日 更新日:




ケニア事件の後、法務部部長(法務大臣)の羅瑩雪が行った答弁に非難が集中しています。

パナマで逮捕された台湾人がキューバに連行され、結果的に飛び降り自殺した事件について時代力量の立法委員 黃國昌が羅瑩雪に事件の詳細を問いただしました。

法務部の対応の遅れから海外の台湾人を全く保護できなかった事に対して、自分に責任が無いかのように「然後他就死掉了:それで、彼は死んでしまいました」という言葉を言い放つありさま。

犯罪に関わっていたかも確かではない海外の国民の命をこのように軽く扱う態度に多くの人が強い反発を抱きました。

ケニア事件での答弁では法務部部長の発言からわかるように彼女は事件に関する状況をほとんど把握しておらず、全て中国に丸投げしています。

一連の詐欺事件の司法管轄権は中華人民共和国にあると主張する羅瑩雪に民進党の顧立雄議員は大激怒。

一体、台湾政府の役人なのか中国共産党の党員なのかわからなくなるぐらい支離滅裂な発言を繰り返しました。

法務部部長の発言の問題点は判決を未だ受けていない拘束された台湾人をすでに罪人として扱っているところです。

その他にも「台湾の詐欺事件に対する刑は軽すぎるので、中国でさらに重い刑を受けた方が良い」「なぜ犯罪を犯した国民を守らなければいけないのか」など、国家の法律を司る役人とは思えない発言を繰り返しました。今すぐ辞職するよう段宜康議員は要求しています。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + ten =

関連記事

台湾「新党」の党員が中国共産党に情報漏洩の疑いで身柄拘束

昨日、かなり大きな政治事件が起こったんで、今日はその事について語ります。本当に朝起きてネットを見たらどこのメディアもこのニュースばっかりでしたね。トップニュースで報道されたのは台湾の政党「新党 」の党 …

台湾は独裁者の名前の「通り」が多すぎる?

皆さんは 中正路 という通りを聞いたことがありますか? 台湾に来るとわかると思うんですが、「中正」って名前が付けられた「通り」がめちゃくちゃ多いんですよね。 「中正」って何の事か知ってます? かつての …

【憲法vs国民投票】台湾の国民投票法改正で自主憲法制定派が異論を唱える

今日は先日、立法院を通過した国民投票法の改正案についてお話しします。国民投票とは全国みんなで1つの議題について選択するというシステムですよね。 台湾では公民投票、略して「公投 」と呼ばれています。従来 …

中国との時差を1時間増やして台湾独立を実現か?驚愕の署名運動

今日は台湾と日本の時差を無くそう という署名運動についてお話しします。 旅行によく行く方はご存知かもしれませんが、台湾は現在グリニッジ標準時間でGMT+8を採用していて、GMT+9の日本、韓国とは1時 …

ケニア事件 台湾人が中国に強制連行

ケニアで中国政府が台湾籍45人に対して行った拉致事件で台湾国内は騒然としています。 国際電話詐欺集団をケニアで逮捕した中国政府は台湾籍、中国籍の容疑者をまとめて北京へ強制移送しました。 台湾の国会では …