政治 社会運動

蔡英文総統就任式、中国共産党系団体も参戦

投稿日:2016年5月20日 更新日:




2016年5月20日、遂に新しい総統に就任した蔡英文。中華民国第14代総統、そして女性初の総統という事もあって盛り上がりまくっています。そういう事で朝からしっかり起きて総統の就任式に行って来ました。

会場に着くと、安全検査のゲートが…「まぁ、仕方ないよな、総統だしなと」思いながら荷物検査のために並びました(投票日前日の大集会は全然検査がありませんでした)

ゲートを抜けて行くと夏フェスみたいに、音楽が鳴ってる、でも人が多過ぎて前に行けず、何が起こっているかもわからず、立ち尽くすしかなくなりました。もうちょっと早く来ればよかったと後悔しながら会場を少し離れてケータイで生中継を見る事にしました。

しかし、会場を出たところでもっと面白いものを見つけました。この日のために色々のな団体が会場前で活動を行なっていたのです。蔡英文を応援する台湾独立派と徹底的に批判する中国派の両方が集まっていました。
なにかとよく現れる中華統一促進党の方達もいました。(中華統一促進党とは?)おそらくこの日のためにお金をかけて動員した人たちだと思います。1日でどれぐらいもらえるのかはよくわかりません。活動ではシュプレヒコールでは蔡英文を批判する内容を訴え、「九二共識!台灣幸福!」とも叫んでいました。簡単に言えば「1つの中国で台湾も幸福に」っいう意味で、党是である中国統一を強調していました。

休憩中のおじさんに写真を撮らせていただきました。さすがにずっと道の上に立っていたら疲れますよね。タバコで一息ついていました。

これは会場内から外の抗議運動を撮った様子です。トラブルが起こらないように、警察がこのように賛成派と反対派を隔離していました。警備のみなさんお疲れさまです。

もう一つ欠かせないのが中華愛国同心会です。この団体も中華統一促進党とは基本的に主張が同じで、中国共産党を崇める主張が多いです。ただ両団体の関係についてはよくわかりません。この団体には結構口の悪いおばちゃんがいる事で有名です。その方は今日の活動にも来ていました。民進党支持者や台湾独立派を見つけると近寄って行って罵声を浴びせていました。式典から帰ろうとする観客と口論に発展していて台湾語のダーティワードがどんどん飛び出していました。

もちろん台湾独立派もしっかり宣伝してました。今回は民進党の式典ということもあり、独立派は式典会場に近い方で運動してました。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治, 社会運動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =

関連記事

台湾政治思想の藍緑紅をスペクトルの図解で解説

台湾では大きく分けて台湾独立派の緑色と中台統一派の藍色の2つの正反対の勢力が存在します。 少数政党などで違いがありますが、簡単に言えば統一派の藍色は国民党、独立派の緑は民進党を表しています。 藍色勢力 …

新台湾パスポートのイラストにまさかのアメリカ空港が印刷され大騒ぎに

台湾政府がやらかしちゃいました ここ数日かなり話題になってるニュースなんですが、最近リニューアルされた台湾パスポートになんと外国の風景が印刷されてしまったんです。新パスポートのイラストが公開された際に …

2016年 中国国民党 選挙CM

2016年の台湾総選挙で惜しくも大惨敗を喫した中国国民党。その総統選で不運にも代表に担ぎ出されてしまった朱立倫候補には色々と批判が集中しました。 現職の新北市長でありながら、職を辞さずにそのまま総統選 …

中華統一促進党とは?

中華統一促進党の党首「張安楽」は台北を拠点とするマフィア組織「竹聯幇」でかつて幹部を務め、「白狼」の名前で知られています。 中国での17年間の潜伏を経て再び台湾に戻り中国共産党を支持する政党を立ち上げ …

台湾大学教授のおじいちゃんがユーチューブで大人気

今日はいまネットで大人気の台湾大学政治学部教授 「李錫錕」について語ります。 この人、簡単に言うと70歳のおじいちゃんです、はい… 40年近く大学教授をやってる大ベテランの彼、生徒も多く彼 …