社会運動

台北で天安門事件追悼集会

投稿日:2016年6月4日 更新日:




台北の自由広場2016年6月4日夜に行われた天安門事件追悼集会に行って来ました。この活動が自由広場で行われたことは非常に象徴的でした。台湾も現在の中国と同じように国民党政府の圧政と戦ってきました。
自由を勝ち取った象徴として陳水扁政権にこの場所は「自由広場」として改名されました。

ここに集まった人は決して多くありませんでしたが、このような活動が毎年続けられる事が非常に素晴らしい事だと思いました。会場には天安門事件学生リーダーのウーアルカイシも参加しました。スピーチの中で彼は中国国内の言論統制は少しも改善されておらず、今後も悪化する可能性もあると訴えました。

プロジェクターには天安門事件で犠牲となった学生の映像が映し出されていました。毎年行われるこのような活動で自由と民主主義と尊さをより一層感じる事ができました。

 

 

記者の質問に答えるウーアルカイシ氏、最初から最後までずっと活動を眺めていました。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-社会運動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

関連記事

シンガポールで中台首脳会談 台北では抗議運動

中台首脳会談がシンガポールで行われるのに合わせて台北では抗議デモが行われました。台湾と中国の首脳が顔をあわせるのは1949年以来初めてで、歴史的な出来事です。 馬英九政権への不満 台湾総統の馬英九は四 …

立法院前でLGBT婚姻同権を求める集会

11月28日、多くのLGBT団体が立法院に集まり集会を行いました。彼らが求めている事それは民放の改正です。現行の婚姻規定を「男女」から「双方」に法改正する事でどの様な人でも結婚が出来るようになります。 …

台北で毎年恒例のゲイパレード『性別と年齢を超えて』

 第13回台湾ゲイパレードが10月31日凱道で行われました。今回のテーマは「愛は性別と年齢を問わない」で各年齢7万人余りの参加者が同性愛の為に街頭で声を上げました。 国籍や年齢を越えて、パレード参加者 …

ベトナム移民労働者、食犬で論争

  台湾政治大学News Lab 2日午後、100人以上の市民が黄色リボンと子犬を抱えながらベトナム駐台湾事務所に集まり、ベトナム移民労働者の猫、犬の殺害に対し抗議しました。 動物保護団体 徐姐 「彼 …

この歌なくして台湾政治は語れない:この島の夜明け

島嶼天光(この島の夜明け)というこの曲は今の台湾を語る上で非常に重要なものとなっています。 元々は2014年のひまわり学生運動から生まれた歌なのですが、今もなお様々な場面で歌われています。歌詞は台湾へ …