社会運動

台湾版「幸福の科学」!? 宗教指導者【妙禪】ってなにもの?

投稿日:2017年9月28日 更新日:




皆さんは宗教がお好きですか?

台湾って意外に信仰深い人が多いんですよ。その土地に根ざした宗教団体も結構あります。今日は最近、大きなニュースになってる台湾の新興宗教団体「佛教如來宗」をご紹介したいと思います。

この団体の指導者は「妙禪 ミャオチャン」と呼ばれる人物で、これまで詐欺事件や脱税などの疑いがかけれら度々ニュースになっていました。この新興宗教、信者の数は10万人と言われています。日本人の信者もいるみたいで、大阪でも集会を開いてました。

特徴は何と言っても信者の服装!全員が紫色の服を着なければいけません。ネットでは「どう見てもブルーベリー畑だろ」と指摘されています。信者が毎回叫ぶ言葉もネットで話題になっています。

「感恩師父、讚嘆師父」

「感謝します師父、賛嘆します師父」という意味なんですが、この「師父」の中国語読みがSeafood シーフードに聞こえておもろいという感じで、ちょっとした流行語になりつつあります。

彼らの売り文句の中には数々の病気を治してきたという伝説もある様です。でも、空中浮遊はできないらしいです。ロールスロイスを信者からプレゼントされ高級車を何台も取り回す。そんな尊師らしいですね。

信者の頭に手を当てるところが「世界の尊師」って感じがするでしょ?

「妙禪」はもともと別の宗教団体に所属しており、かつての師匠「妙天 ミャオティエン」から破門されて今の宗教団体を設立したそうです。日本にも本家から破門された宗教指導者ががいたようないなかったような…。

まぁ、それはさておき。破門された際にかつての師匠から信者を大勢引き抜いて自分の団体に入団させたらしく、熱いバトルが今も続いています。かつての師匠 ミャオティエンとは一切かからわない様にと信者言い聞かせているそうです。この団体、一般の台湾人は面白がってネタにしていますが、激おこぷんぷん丸な人もいるみたいですね。

ネットではカルトだ!詐欺集団だなどと批判されています。あなたはどう思いますか?カルトなのかどうかは皆さんの判断にお任せます。私はポアされたくありませんから。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-社会運動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + 1 =

関連記事

台湾大学教授のおじいちゃんがユーチューブで大人気

今日はいまネットで大人気の台湾大学政治学部教授 「李錫錕」について語ります。 この人、簡単に言うと70歳のおじいちゃんです、はい… 40年近く大学教授をやってる大ベテランの彼、生徒も多く彼 …

立法院前でLGBT婚姻同権を求める集会

11月28日、多くのLGBT団体が立法院に集まり集会を行いました。彼らが求めている事それは民放の改正です。現行の婚姻規定を「男女」から「双方」に法改正する事でどの様な人でも結婚が出来るようになります。 …

台北で毎年恒例のゲイパレード『性別と年齢を超えて』

 第13回台湾ゲイパレードが10月31日凱道で行われました。今回のテーマは「愛は性別と年齢を問わない」で各年齢7万人余りの参加者が同性愛の為に街頭で声を上げました。 国籍や年齢を越えて、パレード参加者 …

ネット請願で政治を動かす!台湾の政策提言サイトが大盛り上がり

今回は以前にも紹介した台湾政府の国家発展委員会が運営するネット署名サービス【公共政策網路參與平台】について語ります。 特に今年になってから、台湾のネットですごく話題になっていて、ニュースでも頻繁に取り …

台湾独裁時代の歴史を清算するための法律が可決で論争勃発!

先日、台湾で歴史的な法律が国会を通過したんで今回はそれについてお伝えします。 法律の名前は 《促進轉型正義條例》 略して「促轉」と言われてます。 法律の名前になっている轉型正義(正義を転換する)という …