政治

「チャイニーズタイペイ」は屈辱的な台湾の呼称?

投稿日:2017年10月1日 更新日:




今日は「チャイニーズタイペイ Chinese Taipei」という言葉について語ります。

この言葉、中国語では「中華台北」と言います。中国からの圧力によって、国際大会などでは「台湾」という名称は使用が禁止され、ここ台湾でも公式スポンサーや放映権を持つ番組などでは「中華台北」という言葉を使わなければいけません。

ご存知の通り、この言葉は一部の台湾人にとってはかなり屈辱的な名称なんです。日本でも東京五輪では「台湾」という名前を使おうという署名運動がずっと行われていますが、実際のところどうなんでしょうか。

私の感覚では、多くの人が「中華」という名称を使うことに関してそれほど否定的ではないように思います。

「中華隊,加油」

「中華チーム、がんばれー」と声援を送るファンの人も結構多いんですよ。チャイニーズタイペイってまんざらでもないのかなぁ?

正直、大半の人は「中華隊」と呼ぶことに違和感をあまり感じていないようです。別に台湾を中国だとは思っていないけど、この言葉を使い慣れてしまい、何も感じなくなってしまったという感じです。

「Are you Chinese ? 」と聞かれれば…

ほとんどの台湾人は「No I’m Taiwanese」と言うはずです。

でも、国際大会などでは「中華」という言葉を使う人がいる。ちょっと矛盾しているよう見えますよね。

この「中華台北」という呼称に批判的な団体は国際大会が行われると、毎回必ずデモをして名称の変更を訴えます。

「中華=中国」「中華」という言葉を使っているお前らはチャイニーズなんだよ!

みたいな事をずっと台湾人に向けて主張しています。台湾独立系のメディアは「中華」という言葉は避け、「台湾隊」「台湾チーム」と意識して言う事が多いです。チャイニーズタイペイという言葉をは国際組織の取り決めによるもので、変えるのは非常に難しいです。いつかは変わるといいですね。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + 13 =

関連記事

中華人民共和国をどのように呼ぶ?

中華人民共和国という国の呼称、日本ではそのまま「中国」というのが一般的ですが、台湾では一般的に大きく分けて3種類の呼称が使用されています。 台湾の中央研究院社会学研究所が2013年に行った調査「中國效 …

中国と台湾を天秤にかけた選挙CM 台湾団結連盟

中国と台湾が天秤にかけられる選挙CM かなりのインパクトがあり、今の独立派の世界観がアニメーションでうまく表現されています。 台湾独立派の少数政党である台湾団結連盟(台聯)は反中国という事でも知られる …

台湾の第二公用語が英語に? 脱中国化が加速か

今日は 台湾の第二公用語が英語になるんじゃないか っていうニュースについてお話しします。 最近、国会の答弁で民進党の議員が提案したのが英語をオフィシャルな言語の1つにして国の競争力を高めようというもの …

台湾政治思想の藍緑紅をスペクトルの図解で解説

台湾では大きく分けて台湾独立派の緑色と中台統一派の藍色の2つの正反対の勢力が存在します。 少数政党などで違いがありますが、簡単に言えば統一派の藍色は国民党、独立派の緑は民進党を表しています。 藍色勢力 …

台湾の建国記念日っていつか知ってる?

  今年もこの日がやって来ましたよ! 10月10日の中華民国建国記念日 清朝が崩壊して中華民国が建国されるきっかけとなった反乱が1911年10月10日から始まりました。そのため、この日は中華 …