政治

これを台湾の国旗だと思っているあなたへ

投稿日:2017年10月4日 更新日:




今日はこれを台湾の国旗だと思っているあなたに伝えたい。

「台湾の国旗」かと言われれば実は微妙なんです。まぁ、実際に台湾国内でも「台湾の国旗」として使用される事がほとんどなんですが、これに違和感を覚える人も多くいます。

それは台湾独立派の人達です。そもそもこの旗は中華民国が中華人民共和国に取って変わられる前まで「中国」の国旗として認知されていました。

正確に言えば…

「台湾の国旗」ではなく

「中華民国の国旗」

つまり、中国の国旗なんです。

ですので、中国の国旗だった旗が台湾の国旗として代用されている事に虫唾が走るという人も沢山いるんですね。

「台湾は台湾だよ、なんで中国の国旗を使うんだ」ってな感じでね。

 

ところがどっこい

「中華民国=台湾、台湾=中華民国」

というアクロバット的な解釈が長年定着し、中華民国の国旗も台湾の国旗だという事で認知され始めたわけです。

それが元々、中国の国旗であったとしても、台湾の国旗とみんなで言い続ければ、いつかわ台湾の国旗として認知される様になるのです。

まぁ、政治的立場がはっきりしている台湾の人はこの様な違いに敏感です。台湾のデモに行った事がある方ならわかると思いますが、大きな活動でこの旗を多用するのは中国統一派もしくは国民党系の勢力。

じゃあ、台湾独立派はどの様なものを使うのかと言えば、この緑の台湾島の旗を使うんです。この様な場合にどちらの旗を使うかというのは自分の政治的立場を明らかにする上で重要な事なんです。

もしあなたが熱烈に台湾独立を応援してるならば、赤と青の方は使わない方が良いと個人的には思います。政治的イベントで使用される旗は大きく分けてこの二種類なんですが、正直、普通のノンポリの台湾人はそんなに意識してません。

これ台湾の国旗じゃないの?違うの?どうでもいいわってな感じでね。どんな旗を振ろうがそれは個人の自由。

ですが、気にする人は気にします。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − five =

関連記事

台湾政治思想の藍緑紅をスペクトルの図解で解説

台湾では大きく分けて台湾独立派の緑色と中台統一派の藍色の2つの正反対の勢力が存在します。 少数政党などで違いがありますが、簡単に言えば統一派の藍色は国民党、独立派の緑は民進党を表しています。 藍色勢力 …

「台湾はポピュリズム民主だ」中国共産党に入党する台湾学生が話題に

ここ数日、台湾出身の学生が中国共産党に入党申請をしたというニュースが話題になっています。 注目を集めたのは現在、北京大学博士課程に在学する 「王裕慶」 この人、めちゃくちゃ変わった人で中国共産党万歳! …

2016年 中国国民党 選挙CM

2016年の台湾総選挙で惜しくも大惨敗を喫した中国国民党。その総統選で不運にも代表に担ぎ出されてしまった朱立倫候補には色々と批判が集中しました。 現職の新北市長でありながら、職を辞さずにそのまま総統選 …

「華独」「台独」違いは何?

台湾のメタルバンド、CHTHONICのフレディ・リム (林昶佐 Freddy Lim)が立法委員(国会議員)として当選し、先週初の議会答弁に臨みました。 テーマはチャイニーズタイペイ「中華台北」という …

泥を使った選挙CMが話題に

台湾で民進党、国民党どちらにも属さない第三勢力 親民党の宋楚瑜   2016年の総統選挙でも落選しましたが、毎回諦めずに立候補し続けている政治家です。   2016年のテレビCMでは泥を使って自分の乗 …