政治

台湾の第二公用語が英語に? 脱中国化が加速か

投稿日:




今日は

台湾の第二公用語が英語になるんじゃないか

っていうニュースについてお話しします。

最近、国会の答弁で民進党の議員が提案したのが英語をオフィシャルな言語の1つにして国の競争力を高めようというものでした。この件に関してネットやテレビでも賛否両論の意見があって、まぁまぁ盛り上がってました。

まぁ、単なる一議員の提案程度ですから、議論が進んでいくかどうかまだわかりません。私的には結構支持する人が多いんじゃないかと思いますけど…

この英語の公用語化政策、表向きな理由は国家の競争力を高めて世界で外貨を獲得できる様にするみたいなありきたりな名目です。今の英語教育は欠陥だらけだから、もっと力を注いで行こうということです。

しかし、英語公用語化に強く賛同する人達のホンネは

中国からの依存を断ち切る

という所にあります。

中国語に重点を置きすぎると 、中国の経済に頼るしかなくなり、さらには文化、学術的な分野でも中国からの影響をもろに受けてしまう危険性があるんです。

中国語しか話せないというのはいつまでたっても中国との交流しかできない。まぁ、シンガポールもありますけど。

中国というブラックホールに吸い込まれない様に言葉の改革を通して抵抗していこうという目的があります。英語ができないというのは国防問題にもなりえるかもしれませんよ。

民進党の理念は台湾独立ですから、いかに中国から距離を取るかという事を重視しています。逆に中国国民党は中国ともっとビジネスしようよ!交流しようよ!俺らみんな中国人じゃんという態度ですよね。

英語公用化に関して肯定的な意見を持っているのはグリーンの勢力が多いような気がします。中国語しかできないと、お前中国人じゃんて突っ込まれますよね? それを避けるためになるべきいろんな言葉を話せたほうが、反論しやすいでしょ?

民進党政権になってから言語だけでなく、あらゆる面で脱中国化が指摘されるようになってきました。この様な風潮は中国語で

「去中國化」

と呼ばれています。

「去」は去勢の「去」ですね….

中国に関するものをいろいろ排除しちゃいましょう的な感じです。もちろん、この様な改革をする立場の人間は自分では脱中国しますよなんて公言はしませんから、この言葉を使うのは民進党を批判する国民党の政治家に多いですね。

これ以外にも、「中華郵政」「中華航空」も脱中国化の標的になった事があります。台湾を代表する企業、団体が『中華、中華、チャイナ、チャイナ』って名前なのおかしくない? 台湾に名前変えた方が良くない?という提案です。

挙げ句の果てには、一部の国民党議員からは中国国民党という名前の「中国」と取って

台湾国民党?

にしてはどうかという提案も検討されていました。まぁ、速攻で却下されましたけど。

英語を第二公用語にすると政府の公式文書を2つの言語で準備したりと、まぁめんどくさいようなので、実現するとしたら、かなり本腰を入れて取り組まないといけません。

蔡 英文

が要になると思います。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =

関連記事

台湾は独裁者の名前の「通り」が多すぎる?

皆さんは 中正路 という通りを聞いたことがありますか? 台湾に来るとわかると思うんですが、「中正」って名前が付けられた「通り」がめちゃくちゃ多いんですよね。 「中正」って何の事か知ってます? かつての …

これを台湾の国旗だと思っているあなたへ

今日はこれを台湾の国旗だと思っているあなたに伝えたい。 「台湾の国旗」かと言われれば実は微妙なんです。まぁ、実際に台湾国内でも「台湾の国旗」として使用される事がほとんどなんですが、これに違和感を覚える …

2016年 中国国民党 選挙CM

2016年の台湾総選挙で惜しくも大惨敗を喫した中国国民党。その総統選で不運にも代表に担ぎ出されてしまった朱立倫候補には色々と批判が集中しました。 現職の新北市長でありながら、職を辞さずにそのまま総統選 …

中華民国の国旗はなぜ燃やされるのか?【台湾の国旗侮辱罪】

あなたは中華民国の国旗が 燃やされているのを見た事がありますか? 台湾ではこの様な光景が度々ニュースなどで取り上げられます。急進的な台湾独立派団体はデモなどで中華民国政府や中国国民党を批判する際に国旗 …

ケニア事件で法務部長の『死んじゃいました』発言が物議

ケニア事件の後、法務部部長(法務大臣)の羅瑩雪が行った答弁に非難が集中しています。 パナマで逮捕された台湾人がキューバに連行され、結果的に飛び降り自殺した事件について時代力量の立法委員 黃國昌が羅瑩雪 …