政治

台湾は敗戦国?戦勝国?  光復節ってどんな記念日?

投稿日:




台湾は敗戦国?それとも戦勝国?

という質問にあなたはどう答えますか?

第二次世界大戦中、台湾は日本の一部で、台湾人は日本兵として戦っていますから敗戦国の一部だったというのが正解でしょう。

しかし、台湾には戦勝国としての一面もあります。日本が戦っていたお隣の国は中国(中華民国)だったわけですから、中華民国という視点から見れば戦勝国となるわけです。

 

中華民国と台湾は同一視される事もありますから、戦争に勝った人と負けた人が同じ国の中に一緒に存在しているといってもいいでしょう。

太平洋戦争に関しては…

外省人と本省人

ブルー(藍營)とグリーン(綠營)

で全く相反する歴史観があります。抗日戦争で日本軍と戦った中国国民党は「俺ら日本を倒したんだ!おめでとう」って感じですが、日本兵として戦った台湾人にとっては複雑ですよね。

抗日戦争勝利で浮かれすぎると本省人の複雑な感情を逆なでする事にもなりかねません。ですから、戦争の話をする時ときは慎重に言葉を選ぶことが大切です。

戦勝なのか?敗戦なのか?

台湾ではニュートラルな表現として「終戦」という言葉を使う人が多いです。これは日本も同じですよね。

台湾で何かと論争になるのが

10月25日の「台湾光復節 」です。

そして、戦勝国、中華民国としての台湾が姿を表す記念日でもあります。日本統治が終わってこれからは中華民国が台湾を統治しますよ、やったね!というのを祝う記念日なんです。台湾においての日本の降伏受諾式が行われたのがこの日です。

しかし、「光復」という言葉もまた厄介で、これを快く思わない人が多いんですよね。それは中華民国、中国国民党の台湾統治に反対する人達です。

光復とは台湾が中国(中華民国)に戻って来たという意味なんですが、台湾はもともと中国の一部ではなかったという人達にとっては、

「戻った」という表現はおかしいよという主張があります。

その為、光復節を祝福するのは中華民国、国民党が台湾に来て良かったと感じる人達だけです。中国国民党は毎年支持者たちを集めて、イベントを開催します。それに対してグリーンの勢力はこの記念日に冷ややかな態度を取っています。この記念日の面白いところは敗戦国と戦勝国、両者の態度をわかりやすく映し出す点です。

でも… 正直に言うと、この記念日そんなに重要視されていません。祝日でもなんでもないので、普通の台湾人にとってはどうでもいい日なんです。若い人で10月25日が何の日か答えられたら、大したもんですよ。台湾の友達がいれば是非試してみて下さい。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + three =

関連記事

台湾版マック赤坂 政見放送で大暴れ!

台湾版マック赤坂が降臨!! 先月の台湾総選挙で嘉義市の選挙区から立候補した黄宏成氏は桃園生まれの作家、パフォーマンスアーティスト。 驚く事に、戸籍上の名前は「黃宏成台灣阿成世界偉人財神總統」という15 …

台湾マフィアが創設した中国共産党系政治団体がヤバイ

今日は台湾のマフィアが創設した 中華統一促進党 という政治団体をご紹介したいと思います! この団体、主張はめちゃ簡単で、 中国万歳、中国共産党万歳! 今すぐ中台統一しようぜ! 台湾独立の奴ら失せろ! …

ケニア事件 台湾人が中国に強制連行

ケニアで中国政府が台湾籍45人に対して行った拉致事件で台湾国内は騒然としています。 国際電話詐欺集団をケニアで逮捕した中国政府は台湾籍、中国籍の容疑者をまとめて北京へ強制移送しました。 台湾の国会では …

中華人民共和国をどのように呼ぶ?

中華人民共和国という国の呼称、日本ではそのまま「中国」というのが一般的ですが、台湾では一般的に大きく分けて3種類の呼称が使用されています。 台湾の中央研究院社会学研究所が2013年に行った調査「中國效 …

蔡英文総統就任式、中国共産党系団体も参戦

2016年5月20日、遂に新しい総統に就任した蔡英文。中華民国第14代総統、そして女性初の総統という事もあって盛り上がりまくっています。そういう事で朝からしっかり起きて総統の就任式に行って来ました。 …