政治

台湾は敗戦国?戦勝国?  光復節ってどんな記念日?

投稿日:




台湾は敗戦国?それとも戦勝国?

という質問にあなたはどう答えますか?

第二次世界大戦中、台湾は日本の一部で、台湾人は日本兵として戦っていますから敗戦国の一部だったというのが正解でしょう。

しかし、台湾には戦勝国としての一面もあります。日本が戦っていたお隣の国は中国(中華民国)だったわけですから、中華民国という視点から見れば戦勝国となるわけです。

 

中華民国と台湾は同一視される事もありますから、戦争に勝った人と負けた人が同じ国の中に一緒に存在しているといってもいいでしょう。

太平洋戦争に関しては…

外省人と本省人

ブルー(藍營)とグリーン(綠營)

で全く相反する歴史観があります。抗日戦争で日本軍と戦った中国国民党は「俺ら日本を倒したんだ!おめでとう」って感じですが、日本兵として戦った台湾人にとっては複雑ですよね。

抗日戦争勝利で浮かれすぎると本省人の複雑な感情を逆なでする事にもなりかねません。ですから、戦争の話をする時ときは慎重に言葉を選ぶことが大切です。

戦勝なのか?敗戦なのか?

台湾ではニュートラルな表現として「終戦」という言葉を使う人が多いです。これは日本も同じですよね。

台湾で何かと論争になるのが

10月25日の「台湾光復節 」です。

そして、戦勝国、中華民国としての台湾が姿を表す記念日でもあります。日本統治が終わってこれからは中華民国が台湾を統治しますよ、やったね!というのを祝う記念日なんです。台湾においての日本の降伏受諾式が行われたのがこの日です。

しかし、「光復」という言葉もまた厄介で、これを快く思わない人が多いんですよね。それは中華民国、中国国民党の台湾統治に反対する人達です。

光復とは台湾が中国(中華民国)に戻って来たという意味なんですが、台湾はもともと中国の一部ではなかったという人達にとっては、

「戻った」という表現はおかしいよという主張があります。

その為、光復節を祝福するのは中華民国、国民党が台湾に来て良かったと感じる人達だけです。中国国民党は毎年支持者たちを集めて、イベントを開催します。それに対してグリーンの勢力はこの記念日に冷ややかな態度を取っています。この記念日の面白いところは敗戦国と戦勝国、両者の態度をわかりやすく映し出す点です。

でも… 正直に言うと、この記念日そんなに重要視されていません。祝日でもなんでもないので、普通の台湾人にとってはどうでもいい日なんです。若い人で10月25日が何の日か答えられたら、大したもんですよ。台湾の友達がいれば是非試してみて下さい。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 14 =

関連記事

台湾の「領土」はこんなに大きい?領土の大論争

今回は台湾の領土がどれだけでかいのか、皆さんに伝えたくてこのブログを書きました。早速、台湾の地図を見て見ましょう。 ドン!    出典:金時代文化出版有限公司 はい、嘘です。これは、台湾の領 …

中国との時差を1時間増やして台湾独立を実現か?驚愕の署名運動

今日は台湾と日本の時差を無くそう という署名運動についてお話しします。 旅行によく行く方はご存知かもしれませんが、台湾は現在グリニッジ標準時間でGMT+8を採用していて、GMT+9の日本、韓国とは1時 …

台湾の第二公用語が英語に? 脱中国化が加速か

今日は 台湾の第二公用語が英語になるんじゃないか っていうニュースについてお話しします。 最近、国会の答弁で民進党の議員が提案したのが英語をオフィシャルな言語の1つにして国の競争力を高めようというもの …

ケニア事件で法務部長の『死んじゃいました』発言が物議

ケニア事件の後、法務部部長(法務大臣)の羅瑩雪が行った答弁に非難が集中しています。 パナマで逮捕された台湾人がキューバに連行され、結果的に飛び降り自殺した事件について時代力量の立法委員 黃國昌が羅瑩雪 …

台湾政治思想の藍緑紅をスペクトルの図解で解説

台湾では大きく分けて台湾独立派の緑色と中台統一派の藍色の2つの正反対の勢力が存在します。 少数政党などで違いがありますが、簡単に言えば統一派の藍色は国民党、独立派の緑は民進党を表しています。 藍色勢力 …