政治

新台湾パスポートのイラストにまさかのアメリカ空港が印刷され大騒ぎに

投稿日:




台湾政府がやらかしちゃいました

ここ数日かなり話題になってるニュースなんですが、最近リニューアルされた台湾パスポートになんと外国の風景が印刷されてしまったんです。新パスポートのイラストが公開された際に、ネットでは「これってアメリカの空港じゃないの」という指摘が相次ぎました。

本来は台湾桃園空港の風景を印刷するつもりだったそうですが、アメリカ合衆国ワシントンDCのダレス空港に似合ぎているということでかなり叩かれています。

では、どのくらい、似ているのか?

とりあえず、まず最初にイラストを見てみましょう。

(左:台湾新パスポートイラスト  右:アメリカダレス空港)

うーん、言われてみれば似ていなくもないですよね。カメラアングル自体も奇跡的に一致しています。

「台湾がアメリカの51番目の州に昇格したぞ、おめでとう」

という声もネットでは見られました。

今回の騒動をさらに炎上させたのは、パスポートの発行を管轄する外交部(台湾の外務省)が間違いを認めねかったところなんです。外交部のスポークスマンは最初に間違いを指摘された時にこれは100%台湾の桃園空港ですと言い張っていたんですよ。

否定していればバレないと思ったんでしょう。その12時間後に流石にこれはまずいという事で、公式に過ちを認めちゃいました。今回の失態、流石にダサすぎますよね。

もっと問題だったのが、印刷されたイラストがGoogleにアップされている写真とあまりにも酷似している点から、他人が撮影したものをそのまま使ったのではないかという疑惑も浮上しています。どう見てもフォトショップとかでそのまま加工した用にしか見えませんけど…

これに対して印刷を請け負った会社の責任者は「間違いなく自分たちで描いたものだ」と言い張っています。

もしネットで検索したものを政府がパスポートに使用しているなんて事が明らかになってしまえば、もう大変ですからね。否定するしかないでしょう。

報道では20萬冊が既に印刷済みで損失は8080万台湾ドルに上るそうです。税金をドブに捨てる事となり、国のメンツも潰しかねない事態ですから、責任者は集中砲火を受けています。

昨日、パスポート発行の責任者である外交部領務局の陳華玉局長が記者会見を開き局長の座を退くことを正式に発表しました。チェックが行き届いていなかったのは確かなんですが、まさか自分たちの部下がアメリカの空港を許可しちゃうなんて思いませんからね。かなりびっくりしたでしょう。

今のところ発行されたもの内の285冊が既に配布済みらしいんですよね。これってかなりのプレミアがつくのではないでしょうか?なんたって国の機関が他人の画像をそのまま盗用して作成したパスポートですから。オークションで売買される日をゆっくり待ちましょう。

今回の騒動なんですけど、もし仮にこれが北京の空港だったりしたら、もっと大変なことになっていたでしょう。

ここら辺は不幸中の幸と言えると思います。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 8 =

関連記事

台湾の国歌は中国国民党を讃える歌?

皆さんは台湾の国歌をご存知ですか? 正確に言えば、台湾の国歌ではなく中華民国の国歌ですね。 中華民国で歌われている国歌は「三民主義」と言います。日本にも君が代を嫌う人がいるように、台湾にもこの三民主義 …

「日本の神社の再建は原住民への侮辱だ」国民党 蔡正元の発言が物議

横浜市の神職、佐藤健一さんが台湾に再建した神社を巡って言い争いが起こっています。事の発端は国民党の政治家、蔡正元氏が今年1月29日にフェイスブックに投稿した内容でした。 侮辱原住民的民進黨 民進黨政府 …

中華民国国慶式典、『中国』派は別地点で開催

今日、10月10日は中華民国誕生の1911年10月10日を祝う国慶日です。でも、「1911年、台湾は日本領土だったし、中華民国の誕生日と台湾はなんの関係もない」この様に言う人も多くいます。よく、10月 …

台湾は独裁者の名前の「通り」が多すぎる?

皆さんは 中正路 という通りを聞いたことがありますか? 台湾に来るとわかると思うんですが、「中正」って名前が付けられた「通り」がめちゃくちゃ多いんですよね。 「中正」って何の事か知ってます? かつての …

台湾の第二公用語が英語に? 脱中国化が加速か

今日は 台湾の第二公用語が英語になるんじゃないか っていうニュースについてお話しします。 最近、国会の答弁で民進党の議員が提案したのが英語をオフィシャルな言語の1つにして国の競争力を高めようというもの …