政治

2017年、台湾で一番「××」な失言をした政治家は誰だアワード?

投稿日:




皆さんは「幹 ガン」という中国語をご存知ですか?

はい…「F••K」という意味ですね。

主に台湾で使用されている言葉で、椅子の角に指をぶつけた時や超ムカついた時に台湾人はよく「幹 ガン」と言います。英語の「F••K」と同じ意味なので、基本的にはダーティーワードです。使う時は気をつけてくださいね。

2017年、台湾でかなり流行した言葉の1つに

「幹話 ガンフア」

という言葉があります。

ネットから出てきた若者の流行語で、文字通り「F••K」な発言を「幹話」と呼んでいます。厳密に言えば、事実とは大きくかけ離れた空論、または馬鹿げたざれ言みたいな意味です。納得いかないと思う発言に対して、「お前それ完全に幹話だろ」という感じで使います。

特に今年からネットやテレビで頻繁に使われるようになった言葉なんですが、この言葉に嫌悪感を感じる人も多いですね。一部のテレビ局は報道する時に音を消したり、「幹」の文字の部分を×に変えたりしていました。年配の人は「あら、なんて下品な言葉なの」という感じかもしれません。しかし、若者からすればそれほどでもないみたいです。

そんな中、中国国民党は年末に「F••K」な言葉を利用して 、あるイベントを行いました。その名も【2017年、台湾で一番F••Kな失言をした政治家は誰だアワード:金幹獎】です。

中国国民党スポークスマン 黃健豪

まぁ、野党として存在感を発揮するためのパフォーマンスですね。「F••K」という言葉を公式に採用した所はさすが国民党って感じです。

今年、台湾の社会を大きく揺さぶったのは、なんと言っても労働基準法の改正です。最近もデモ隊と警察の衝突が何度も起こっていましたし、民進党の支持率を急降下させる重大事件となりました。

残業時間の上限と連続勤務日数の緩和を行おうとする政府の法案に多くの労働者、特に若者が猛反発しています。民進党はもともと労働者側の支持者が多かったので、これには裏切られたと感じる人がかなりいたようです。その為、ネットで「F••Kな失言」に選ばれたのは労働関連の話題ばかりでした。

一番反響はあったのは蔡英文がインタビューで放ったこの言葉。

【勞工本來就是我們民進黨心裡最柔軟的那一塊】

【労働者は民進党の一番もろい部分】

簡単に言えば、民進党が一番大事にしているのは労働者で、彼らが反対することは絶対にできないというような意味です。「労働者のために政治するって言ってたのに逆のことをしている」と叩かれています。この部分はテレビで何回も使われているので、かなり有名なフレーズになっていますね。




もう一つ注目を集めたのが行政院長の賴清德が介護士の低賃金問題に対してこぼしたこの発言です。

【長照員薪水低可以把它當作一個功德】

【介護の低賃金も功徳の一つ】

「低賃金は大変ですけど、これも一つの功徳という事で激励しましょう」という内容の発言です。

これに対してネットでは「低い給料で働くことは功徳を積むためなのか?政治家は本当に給料をあげる経済政策する気があるのか」という様な反発が起こっています。

彼が放った「功徳」という言葉もネットでかなり流行しました。

個人的には全然ダメな発言だとは思いませんが、台湾では低賃金がとんでもなく大きな社会問題になっているんです。他の国に比べて給料の伸び率が断トツに低いので、かなり敏感な問題に発展しています。政治家が軽々しく発言しちゃうと絶対に叩かれてしまう地雷と言えるでしょう。

与党であれば言葉の揚げ足を取られるのは当然なのですが、正直言って国民党政権の頃と比べればどってことないですね。馬英九は総統の時にかなりおかしな発言バンバンしてましたから。

大学の講演会に出た際に、物価上昇と低賃金の問題について学生に投げかけられたのが「お弁当の値段が高くなって一個食べても満足できません」という悩み。

これに対して馬英九は「弁当1つで足りなければ2つ食べればいいんじゃないの」という回答をして猛反発をくらいました。

パンがなければケーキをなんとかみたいな発言ですね。低賃金と物価上昇に関係する話題は本当に失言になりやすいので、慎重に言葉を選ばなければいけません。

2017年は労働者の年だったんですが、この他にも同性婚合法化や中国の李明哲事件などなど、世間を大きく揺さぶるニュースがいくつかありました。

来年はどんな事が起こるでしょうか。楽しみです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で台湾ゲンダイ研究所をフォローしよう!

Comments

comments

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =

関連記事

台湾の「領土」はこんなに大きい?領土の大論争

今回は台湾の領土がどれだけでかいのか、皆さんに伝えたくてこのブログを書きました。早速、台湾の地図を見て見ましょう。 ドン!    出典:金時代文化出版有限公司 はい、嘘です。これは、台湾の領 …

台北大空襲をテーマにしたボードゲームが話題に!

今回は日本統治時代の台湾を舞台にしたボードゲームについてお話ししたいと思います。 このゲームのテーマは第二次大戦中に起こった 台北大空襲 1945年当時、アメリカ軍が台北に対して行った無差別爆撃です。 …

ネット請願で政治を動かす!台湾の政策提言サイトが大盛り上がり

今回は以前にも紹介した台湾政府の国家発展委員会が運営するネット署名サービス【公共政策網路參與平台】について語ります。 特に今年になってから、台湾のネットですごく話題になっていて、ニュースでも頻繁に取り …

台湾マフィアが創設した中国共産党系政治団体がヤバイ

今日は台湾のマフィアが創設した 中華統一促進党 という政治団体をご紹介したいと思います! この団体、主張はめちゃ簡単で、 中国万歳、中国共産党万歳! 今すぐ中台統一しようぜ! 台湾独立の奴ら失せろ! …

「台湾政府の言論弾圧を非難する」中国メディアのブーメラン発言が炸裂

今日は前回に引き続き台湾「新党」の党員が中国共産党に情報漏洩の疑いで身柄拘束のその後についてお話しします。党員の身柄拘束後、非常におもしろい事になっています。 新党と中国国民党は党を挙げて「これは民進 …